top of page

アルコールチェック記録項目と保管方法

 2022年4月から、アルコールチェックの記録を1年間保管することが義務付けられました。保管方法についてはルールがないので、紙でもデータでもどちらでも問題ありませんが、記録しなくてはならない内容は定められています。


記録しなくてはならない項目


  1. 確認者名

  2. 運転者名

  3. 運転者の業務に係る自動車登録番号又は識別できる記号、番号等

  4. 確認の日時

  5. 確認の方法

  6. 酒気帯びの有無

  7. 指示事項

  8. その他必要な事項


 また、2023年12月1日から正式にアルコールチェッカーを用いたアルコールチェックの実施が義務化されたのでアルコールチェッカーをいつでも正確に計測できる状態に維持しておかなくてはなりません。

 実際に運用を始めていくと、運転者から「こんな時はどのように対応すべきか」といった質問、疑問が出てきます。確認方法や管理方法など、誰がどのように対応するのか、緊急など時の対応はどうするのかなど、Q&Aや緊急時の運用方法をマニュアルへと落とし込んでいきましょう。


 万が一、従業員が業務中の交通事故を起こしたら、企業は経営者責任や損害賠償義務、刑事上、行政上、民事上と、多くの責任を負うことになります。その原因が飲酒であった場合は、社会的な信頼を失ってしまうことも考えられます。従業員個人、安全運転管理者、会社が一体となり、アルコールチェックを必ず実施しつつ、事故や違反を起こさないよう、安全運転管理者は定期的に運転者への教育・指導を行い、事故防止に努めましょう。


 アルコールチェック義務化は、安全運転管理業務を見直し、的確なリスクマネジメントを図るチャンスと捉え、社内で運用ルールを構築してください。

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

安全運転管理者を選任後

使用者(事業主など)は、安全運転管理者等を選任したときは、選任日から15日以内に届け出なければなりません。そして、安全運転管理者を選任後も、下記の場合にはそれぞれの対応をしなければなりません。選任後、何もしなくていいというわけではないので注意しましょう。 ◆安全運転管理者等を変更・解任するとき 安全運転管理者を変更・解任する場合には、必ず届出をする必要があります。届出は、各都道府県の警察署の交通課

よくある質問

アルコールチェックについて、よくいただく質問を何点かあげました。

安全運転管理者の罰則

安全運転管理者には、アルコールチェックの義務化に伴い、重要な役割が求められており、義務を怠った場合や違反があった場合の罰則は、改正により厳格化されています。 ◆選任義務違反 安全運転管理者の選任義務を怠った場合、法的な罰則が課される可能性があります。選任の適正性や資格要件を満たす人物を選任することが重要です。法改正以前の罰則は5万円以下でしたが、改正後は罰金が50万円以下まで引き上げられました。

Comments


bottom of page