top of page

厳格なアルコールチェックを実現

 アルコールチェックの義務化に厳格に対応するには、車両管理システムの導入が効果的です。車両管理システムとはどのようなものなのか、具体的なメリットを確認しましょう。


車両管理システムとは

 アルコールチェックの厳格な実施を支援するためには、「車両管理システム」を導入することが効果的です。車両管理システムは、車両や運転者の情報を総合的に管理する仕組みであり、アルコールチェックの実施や管理を効率化のに役立ちます。車両管理システムの主な機能としては以下のようなものがあります。


  • アルコールチェックと記録

    専用のアルコールチェッカーとの連携可能な車両管理システムの場合、

    結果をアプリに自動入力したり、クラウドに自動保存したりすることが可能です。

  • 運行記録

    車両の走行距離や運行記録をクラウドで一元管理することで、

    必要な情報を抽出してデータの分析が簡単にできます。 

  • 車両の予約

    カレンダー上でいつ、誰が、どの車両を使用するかを確認することができます。

 

車両管理システム「SafetyStation+」を導入するメリット


1.アルコールチェック義務化対応が完結

 「SafetyStation+」を導入することで、アルコールチェック義務化に関する対応が一元化され、効率的に管理できます。システムを通じて運転者の情報やアルコールチェックの実施状況を一括管理できるため、適切なチェックの実行や記録保持を簡単に行えるようになります。

 

2.アルコールチェックを厳格に実施できる

 「SafetyStation+」の利用により、アルコールチェックの厳格な遵守が可能になります。アルコールチャッカーと「SafetyStation+」アプリを連携させると、運転日報の自動作成が可能です。アルコールチェックの際にアプリでカメラが起動され、アルコールチェックが適正に行われないとシャッターがおりないので、本人であることの証明ができ、アルコールチェックの不正防止につなげられます。

 

3.車両管理業務全般の効率化

 車両管理システムの導入は、アルコールチェックに限らず車両管理業務全般の効率化にも大いに役立ちます。運転者情報や車両情報の一元管理、スケジュールの設定や記録の保管など、さまざまな業務をシステム上で行うことで、作業の効率化や情報の迅速を共有することが可能です。



アルコールチェック義務化の対応を進める際には、業務効率化やアルコールチェックの厳格化の観点からも、車両管理システムの導入も合わせて検討してみても良いかもしれません。

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

安全運転管理者を選任後

使用者(事業主など)は、安全運転管理者等を選任したときは、選任日から15日以内に届け出なければなりません。そして、安全運転管理者を選任後も、下記の場合にはそれぞれの対応をしなければなりません。選任後、何もしなくていいというわけではないので注意しましょう。 ◆安全運転管理者等を変更・解任するとき 安全運転管理者を変更・解任する場合には、必ず届出をする必要があります。届出は、各都道府県の警察署の交通課

よくある質問

アルコールチェックについて、よくいただく質問を何点かあげました。

安全運転管理者の罰則

安全運転管理者には、アルコールチェックの義務化に伴い、重要な役割が求められており、義務を怠った場合や違反があった場合の罰則は、改正により厳格化されています。 ◆選任義務違反 安全運転管理者の選任義務を怠った場合、法的な罰則が課される可能性があります。選任の適正性や資格要件を満たす人物を選任することが重要です。法改正以前の罰則は5万円以下でしたが、改正後は罰金が50万円以下まで引き上げられました。

Comentarios


bottom of page