top of page

安全運転管理者の罰則

安全運転管理者には、アルコールチェックの義務化に伴い、重要な役割が求められており、義務を怠った場合や違反があった場合の罰則は、改正により厳格化されています。


選任義務違反

安全運転管理者の選任義務を怠った場合、法的な罰則が課される可能性があります。選任の適正性や資格要件を満たす人物を選任することが重要です。法改正以前の罰則は5万円以下でしたが、改正後は罰金が50万円以下まで引き上げられました。


解任命令違反

公安委員会からの安全運転管理者の解任命令に従わなかった場合、法的な罰則が課される可能性があるため、解任命令が出された場合は速やかに対応してください。解任命令が出される理由には、安全運転管理者が義務を果たしてない場合や、交通違反や自動車使用制限命令違反などの違反行為があった場合が挙げられます。法改正以前の罰則は5万円以下でしたが、改正後は罰金が50万円以下まで増額されました。


是正措置命令違反

義務を怠った安全運転管理者や自動車の使用者には、公安委員会が是正措置命令を出します。是正措置命令は、安全運転の確保やルールの遵守を目的として行われます。是正措置命令に従わなければ、法的な罰則が課される可能性があります。是正措置命令違反には、50万円以下の罰金が科せられます。


選任解任届出義務違反

安全運転管理者の選任や解任に関する届出を怠った場合、法的な罰則が課される可能性があります。安全運転管理者の選任や解任には、適切な手続きと届出が求められますので、届出義務を適切に遵守しましょう。罰則は、改正前は2万円以下の罰金または科料でしたが、現在では5万円以下の罰金とより厳しいものになっています。

 


安全運転管理者は、アルコールチェックの義務化の徹底という重要な役割を果たしています。選任や解任、命令の遵守、届出の提出など、適切な行動を取ることで企業のコンプライアンス確保と安全性向上に貢献することが期待されています。

閲覧数:12回

最新記事

すべて表示

安全運転管理者を選任後

使用者(事業主など)は、安全運転管理者等を選任したときは、選任日から15日以内に届け出なければなりません。そして、安全運転管理者を選任後も、下記の場合にはそれぞれの対応をしなければなりません。選任後、何もしなくていいというわけではないので注意しましょう。 ◆安全運転管理者等を変更・解任するとき 安全運転管理者を変更・解任する場合には、必ず届出をする必要があります。届出は、各都道府県の警察署の交通課

よくある質問

アルコールチェックについて、よくいただく質問を何点かあげました。

厳格なアルコールチェックを実現

アルコールチェックの義務化に厳格に対応するには、車両管理システムの導入が効果的です。車両管理システムとはどのようなものなのか、具体的なメリットを確認しましょう。 ◆車両管理システムとは アルコールチェックの厳格な実施を支援するためには、「車両管理システム」を導入することが効果的です。車両管理システムは、車両や運転者の情報を総合的に管理する仕組みであり、アルコールチェックの実施や管理を効率化のに役立

コメント


bottom of page