top of page

測定前に飲食するとアルコールが検出されやすい食べ物・飲み物


アルコールチェッカーでの測定前に飲食してしまうと、アルコール濃度が検出されてしまう可能性のある食べ物・飲み物があります。下記は一例ですが、参考までにご確認下さい。


食品

  • ウイスキーボンボンやビールを使用したチョコレート商品

  • ドライフルーツでブランデーやウイスキーを香りづけに使用している商品

  • パンなども発酵段階でアルコールが生成されますので、留意ください。

  • 日本酒の材料を使用した加工食品

飲料

  • ノンアルコール飲料

  • 栄養ドリンク


 飲食直後の数値検出は口腔内に残ったアルコールが原因になります。そのため、飲食後にアルコール測定する際は、うがいをしていただき15分以上時間を空けることで、飲食物の影響を避けることができるようです。

 また、食べ物・飲み物のほかにも、個人差はありますが体調や体質、普段から飲んでいる薬の成分によっては、アルコールが検出される場合があります。糖尿病や腸からガスが出やすい方、空腹時など体質によっては食べてもいないのに、体内から発生する雑ガスが反応してしまうケースもあるようです。


 「アルコールを飲んでいないのにアルコール濃度が検出されてしまう…」という方は、検知前にしっかり真水でうがい、水または白湯をコップ1杯以上飲む、検知前約30分以内の飲食を避けるなど、対策を行ってみて下さい。







閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

安全運転管理者を選任後

使用者(事業主など)は、安全運転管理者等を選任したときは、選任日から15日以内に届け出なければなりません。そして、安全運転管理者を選任後も、下記の場合にはそれぞれの対応をしなければなりません。選任後、何もしなくていいというわけではないので注意しましょう。 ◆安全運転管理者等を変更・解任するとき 安全運転管理者を変更・解任する場合には、必ず届出をする必要があります。届出は、各都道府県の警察署の交通課

よくある質問

アルコールチェックについて、よくいただく質問を何点かあげました。

安全運転管理者の罰則

安全運転管理者には、アルコールチェックの義務化に伴い、重要な役割が求められており、義務を怠った場合や違反があった場合の罰則は、改正により厳格化されています。 ◆選任義務違反 安全運転管理者の選任義務を怠った場合、法的な罰則が課される可能性があります。選任の適正性や資格要件を満たす人物を選任することが重要です。法改正以前の罰則は5万円以下でしたが、改正後は罰金が50万円以下まで引き上げられました。

Commentaires


bottom of page